FC2ブログ

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスからの肌荒れ

ストレスのはけ口って難しい。いくら吐き出しても、次々に襲いかかってくるストレス。肌荒れはそんなストレスが大好物なのだ。ばったんばったんなぎ倒していくことが出来ればいいのだけど、そんなに単純なものじゃない。現代人は随分と繊細に出来ているのだ。

私はストレスが溜まりやすい。ちょっとしたことでも抱え込んでしまうのだ。そんな時は一晩中眠れなくなるし、肌荒れが起きやすい。乙女はセンシティブ。そんなとき私をストレスから解放してくれるのが、バスタイムだ。お気に入りの入浴剤、きれいなBGM,肌が喜んでいるのが実感できる。ピンク色のお湯に、ラメが入って、バラの花びらが散る入浴剤がある。香りもすごく繊細で、ステキな香りがする。嫌なことがあった日は、このお風呂に入る。そして、音楽をかけてそこに浸る。目を閉じて、楽しい事を考える。クリスマスの予定を考えたり、デーとに着ていく服を考えたり、ネイルのデザインを考えたり。とにかくリラックスして、好きなことだけ考える。そんなことで、ストレスを地道に追い出してあげるのだ。

肌荒れが原因でストレスが溜まる。それが原因で肌荒れが起きる。こんな悪循環からはすぐに抜け出そう。お風呂にゆっくり浸かれば癒されるし、汗を流せば肌荒れは改善される。嫌なことがあった日も、お風呂でリセット。悩みを抱え込みやすい性格も、そんな風に少しずつ改善されればいいな。
スポンサーサイト

テーマ : 敏感肌、乾燥肌、美肌 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

皮膚科でもらった肌荒れの薬

大学受験が終わった後、気づいたら髪は伸びてボサボサ、服装は適当、肌はボロボロ、私は女としての底辺に立っていた。それまで、何も気づかなかったのだ。高校生の頃までは、肌荒れには十分に気を配っていたし、服も109以外では買わないというプライドも持っていたのに。受験の頃は必死になって、自分の身の回りが見えていなかったのだ。

とりあえず自分をこざっぱりさせる必要があった私は、まず肌荒れを改善しようと、皮膚科に行った。初めての皮膚科。そこで言われた言葉は、「これは肌のカビですね。」すごくショックな言葉だった。そこの皮膚科の近くには処方箋薬局がなくて、私は一駅先の薬局まで行って、処方箋を出しに行った。しかし、「今この薬ちょうど切れています、明日には入りますよ。」肌荒れの薬がそんなに大人気だとは。皮膚科もなかなか儲かっているらしい。次の日、また電車に乗ってその薬局まで行った。「ああ、ちょうど今入りました、お大事に。」無事に薬を貰って私は家で薬の説明書きを開いた。「軟膏タイプのお薬です。水虫などの治療に・・・」

あの薬局の人が言った「お大事に」は、「水虫、若いのに大変ですね。お大事に」の意味が込められていたのだろう。そう思うと、今でも恥ずかしくてたまらない。唯一の救いは、家から離れたもう行かないであろう薬局に行ったことだった。皮膚科も一回で済んだ。ちなみに水虫の薬のおかげで、肌荒れは元通りきれいになりましたとさ。

テーマ : コスメ・スキンケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

肌荒れに気をつけて!!

冬は好き。寒い中、コートを着て暖かいマフラーを巻いてお出かけするのが好き。雪が降ったら幸せ。クリスマスも、バレンタインも、寒いからこそ楽しめる。だけど、嫌なところが一つ・・・。冬は乾燥の季節、乾燥は乙女の大敵。カサカサに肌荒れしていたら、せっかくの冬のオシャレも台無しになっちゃうから嫌い。冬でもウルウルでプルプルの肌は保っていたい!!!女の子は欲張りなのかもしれない。

乾燥していると、見るからに「肌荒れしている」って分かっちゃうもの。それを防ぎたい。私は冬になると、クリームタイプのファンデーションを使う。乾燥も防げるし、塗りたくった感があまりないから。だからと言って、塗りこみ過ぎには注意。ファンデーションの塗りすぎは、肌を乾燥させてしまう。そこで、肌荒れ防止にはミルクタイプの下地がオススメ。乾燥を防いで、ファンデーションもフィットする。冬はこれが手放せない。

もちろんメイク以外にも肌荒れ防止には気をつけなければならない。この時期に大事なのは、なんと言っても湯たんぽ!!!そんなの、肌荒れとなんの関係が?って思うかもしれないけど、寒いからと言って、一晩中暖房を付けっぱなしにしておいたらお肌がカピカピになってしまう。暖房は、肌荒れへの近道になるのだ。寝るときは暖房を消して、湯たんぽと眠ると暖房による肌荒れの心配もない。これなら、肌にも地球にも優しいしね。と、湯たんぽ普及活動中の私でした。

テーマ : スキンケアとダイエット キレイのヒ・ミ・ツ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

サプリメントは肌荒れのためのもの

肌荒れが酷かった時、コラーゲンのサプリメントを飲んでいた。なんとなく、肌がぷりぷりしていた気がする。だけど私は肌荒れは肌荒れでも、肌に出来たプツプツに悩んでいたわけで。コラーゲンを飲んでいた時は無駄に肌をぷりぷりさせていたのかもしれない。しかも効いたかどうかの実感はあまりなく、気休め程度の「ぷりぷり」だった。サプリメントってどのくらいで効くんだろう?飽きっぽい私はすぐに辞めてしまった。

もともとサプリメントを飲み始めたのはイトコの影響だった。イトコはコラーゲンやらビタミンやら、常にサプリメントをドサドサ飲んでいた。だからと言って肌荒れ知らずという訳でもなかったし、逆にドサドサ飲んでいたら肌がおかしくなりそうな気がする。私と同じく飽きっぽい人なので、彼女ももう飲んではいないけど。一つを信じて飲み続けたら、きっと効果もあるのだろう。ドサドサ飲んだり、すぐに辞めたりしたら効かない。やはり、継続は力なり、ってやつだ。

そのサプリメントを飲んでいた短い間、ちょっと食事した後にいつもサプリメントを飲んでいたものだから、周りからは何かの病気だと思われていた。「何の薬?」なんて聞かれたりして。その度に答えるのが面倒くさくて、さらに肌荒れを治すのにサプリメントに頼っている自分がなぜか後ろめたくて、いつも「頭痛」、とか「胃がね・・・」なんて言っていた。今思うと、少し罪深い気がする。正直に答えれば良かったのに・・・。サプリメントを続けるのも、なかなか難しそうだ。

テーマ : 美肌のための正しいお手入れ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

肌荒れの時の化粧品?

寒くなってくると、目の下の乾燥が酷くなる。肌には絶対的な自信を持っている私だが、これは立派な肌荒れ。すぐに処置をしなければならない。乾燥やニキビなど、悩みは人それぞれ違うと思うけど、断言できることがある。それは、肌荒れを化粧品に頼って隠してはいけないということだ。

目の下が乾燥して、クマが目立つ。そんな時、コンシーラーに頼る人はいると思う。だけど、そういうカバー系の化粧品を使うと、肌荒れは余計に目立ってしまうのだ。では、クマが酷いときはどうしたらいいか?少し青みのあるパウダーを目の下に乗せてみよう。肌が明るい印象になり、クマもカバーできる。では、ニキビを隠すには?これは、隠せない。ニキビの上に化粧品をドサドサ塗りたくると、ニキビが悪化してしまう。ニキビを1日隠して2週間かけて治すのと、3日間隠さず我慢して3日で治すのだったら、3日で治す方がいい。

肌荒れをカバーしようと、化粧品を塗りたくるのは危険だ。肌にも悪いし、第一見た目がきれいじゃない。厚化粧は老けて見える。塗りたくる前に、肌色をきれいに見せる方法を考えよう。肌荒れではないけど、今日は顔色が悪い。なんて日は、バナナ色のパウダーをチークの下に重ねて見る。顔色が一段明るくなる。毎日の肌状態を見て、その日ごとに化粧品を変えてみよう。化粧品をうまく利用して、一段と魅力的な女性になれるように。

テーマ : 美顔~シミ・黒ずみ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

肌荒れ改善策。

肌荒れで悩んでいる人はすごく多いと思う。私は中学生の頃、自分の肌がコンプレックスだった。それが今では、チャームポイントは「肌」と自信を持って言える。コンプレックスをバネに、私の肌はゆっくりと時間をかけて改善されていった。

お肌が気になりだした時から、私は少し高い化粧水を買った。それにパック等もして、中学生の割にはすごいお金をかけていたと思う。効き目はあったが、基礎化粧というのは長く続けなければならない。高いお金をかけていては、子供には続けられないのだ。私にとっての失敗は、初めての基礎化粧を高価な物にしてしまったことだった。たしかに肌荒れは改善されたが、だんだんとメイクや服にも関心を持つようになってからは肌だけにお金をかけていられなくなった。そして、肌荒れは改善どころか徐々に酷くなっていった。受験生の頃になると、肌荒れが酷すぎて私は中学生の頃のように悩むこととなった。

ではなぜ私の肌が改善されたかというと、それはコットンパックのおかげだ。コットンに化粧水を染みこませて、パックするだけの方法。使っている化粧水は、安いけど自分の好きな香りのする化粧水。これを始めただけで、私の肌荒れはみるみる改善されていった。肌には高いお金をかければいいというものじゃない、大好きなチョコレートを食べて幸せになるように、肌にも自分の好きなものを与えれば、肌は喜んで改善されていくのだ。

テーマ : スキンケアとダイエット キレイのヒ・ミ・ツ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

人間、顔じゃない。けど肌荒れは禁止よ。

肌荒れって、メイクで厚塗りしたところで隠せるものじゃない。というか、厚塗りした方が逆に際立ってしまうものだ。いくら優れたファンデーションだって、地肌がきれいじゃないと、無駄なだけである。それに肌荒れしている時は表情も変わる。・・・私だけかなぁ。ずっと泣き顔、もしくは不満顔なものだから、かわいげ0になる。肌荒れって本当に嫌いだ!!!

体型は隠せる。服があるから。そりゃあものすごい太ってたら隠しきれないけど・・・。目の小ささだって、メイク一つで変えられる。女って恐いわね。だけど、顔自体は隠せない。前に書いたとおり、厚塗りはご法度だからだ。だから大事にしなければならない、自分のお肌。どんな時でも人に笑っている顔を見せていたいから、肌荒れには十分注意しなければ。

「人間、顔じゃない。」いろんなシーンで聞くセリフ。確かに人間は顔じゃない。ハートだ!!それは断言できる。だから、私は自分とフィーリングが合って優しい人ならば、鼻がやけに大きくても、アゴが前に出すぎていても、目が離れすぎていても好きになれる。だけど、肌は見る。肌が荒れている人って、部屋が汚かったり、食生活が乱れていたりすることがある。つまり、自己管理が出来ていない証拠なのだ。だから、肌荒れの酷い人はどんなに優しくても眼中に入らない。「人間、顔じゃない。」そう、顔じゃない。「人間、ハートと肌だ。」と、私は生意気にもそう考えるのである。

テーマ : 美肌のための正しいお手入れ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

肌荒れの原因は?

原因も無く肌が荒れることはない。肌荒れが起きたときは原因を突き詰めて、出来るならそれを繰り返さないようにしよう。肌が荒れる原因はいくらでも考えられる。寝不足だったり、ストレスだったり、メイクを落さずに寝たり。それに野菜不足などで体内が汚れると肌にも影響がでる。

寝不足や、お手入れを怠っての肌荒れは自分で対処できるけど、ストレスからは逃げられない。生きづらい世の中になったなぁ、なんてしみじみする歳ではないけど。私はストレスが原因でよく肌が荒れる。意外とデリケートなのだ。ストレスを受け止めることは簡単だけど、それを体内から抜き出すのは難しい。それでも肌荒れは女の子にとっては一大事件(男の子もかもしれないけど)なのだ。私の悪いところは、肌を大事にしすぎているため、肌荒れがそのまま原因になってさらにストレスが溜まる。抜け出せない悪循環。そんな時、私を救うのはたっぷりの入浴時間と、リラックス出来る香りと、音楽だ。お風呂に好きな香りの入浴剤を入れて、好きな音楽をかけながらゆっくり湯船に浸かる。何も考えない、もしくは好きなことしか考えない。

肌が荒れる原因はたくさんあるけど、やっぱりどこかでストレスに繋がっていることが多い。ストレスから飲み過ぎたり、ストレスから不眠に陥ったり。そんなとき、ストレスのはけ口を見つけておこう。肌荒れに悩む前に、まずはリラックス。好きなことをしているときは、肌だって喜んでいるのだ。

テーマ : 美顔~シミ・黒ずみ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

肌荒れ発生!対策は?

日々のお手入れには余念がない。いくら遅く帰っても、お手入れは欠かさずする。・・・のだが、あれは先日、地元で飲んでいたときのことだ。お酒をたくさん勧めてくる、かっこいい店長。そのかっこ良さから逆らえず、私は調子にのって「芋焼酎、ロックで。」もともとお酒が強いわけじゃないのに、ゴンゴン飲んでしまった。フラフラと家路に着き、メイク落しのキャップを開けた。・・・そこで記憶は途切れていた。

「やっちゃった!!」目が覚めたのは明け方の5時。メイク落しのキャップを持ったまま、私はソファに倒れていた。一気に酔いが醒めた。私は肌荒れも、その言葉さえも嫌いなのだ。私は眠気の残ったまま、蒸しタオルを作る。その間、対策を練る。タオルをレンジにかけている2分の間、私の脳は肌荒れ対策でフル回転していた。

蒸しタオルの後、メイク落しマッサージ。肌荒れの対策として、一番重要なのはメイク落しだ。メイクを落したら次は洗顔。フワフワの泡で顔を優しく包む。こうしている間にも、私の脳は対策をグルグル練っている。そしてスクラブ系のパックを7分。うむ、順調だ。パックを落したら次は化粧水パック。それを3分。そしてクリームでマッサージ。最後に、氷を顔に当てて引き締め~。肌は一命を取り戻した。

一日の失敗で、朝から肌荒れ対策に脳をフル回転させた。一日メイクを落とし忘れただけで、こんなにたくさんの対策をしなければならなくなった自分の年齢が憎い。

テーマ : めざせ 美肌! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

肌荒れに効く化粧水??

夕べメイク落とさないで寝たら肌荒れがひどい!!!明日はデートなのに!!!そんな時、「今日はいつもより高い化粧水で・・・。」なんて言っていたら肌荒れはいつまでも改善されない。化粧水は、高ければいいってものじゃない。それ以前にデート前日にメイクを落とさないで寝る方が問題だけども。

継続は力なり、というように、化粧水も続けることが必要。日によって変えていたら、効果がでないのは当たり前。じゃあもしも大事な日の前日、肌荒れが起きたらどう対処したらいいのか?パックするのも一つの手だけど、もしパックがなかったら?化粧水でパックしたらいいんですよ。佐伯チズさんを見習おう。一枚のコットンを4枚くらいに裂いて、水で濡らす。そこに化粧水を含ませて、顔に貼り付ける。3分くらい。私はこのパックを毎日朝晩やっているけど、やるたびに肌が喜んでいることを実感する。大事な日の前は、パックをした上からラップで閉じ込める。そうすると、肌はモッチモチになるのだ。安い化粧水だってバカにできない。メイクを落とさなかった翌日って肌がパサパサに乾燥している。だけどこのパックをするだけで、肌荒れは改善できるのだ。

どんなに安い化粧水だって、使い方一つで効果は変わってくる。このパックは化粧水をバシャバシャ使うので、1ヶ月に1本のペースで使い切ってしまう。だから安い方がお財布にも優しいしね。肌荒れにもお財布にも優しい、化粧水パックは偉大なり。

テーマ : 美肌のための正しいお手入れ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。